月3万円突破応用編

月3万円突破プログラムの基礎編では「商品特化型ブログ」

を作って頂きました。

 

基礎編の復習をすると、商品特化型ブログとは一つのブログ

で一つの商品に特化するというものでしたね(^^)

 

売りたい商品を決めたらその商品を売る為だけに記事を増やしていきます。

 

基礎編でお渡ししたお手本ブログの

 

悪玉コレステロールからの脱出作戦

https://cholesterol.hatenadiary.com

 

このブログでは当初3個しか記事を投稿していませんでした。

 

しかも記事の内容も大したことを書いていません。

 

他のブログを参考にして自分なりにまとめただけです。

それでもアクセスがあり売り上げも発生しました。

 

 

 

 

 

これが商品特化型ブログの魅力ですね(^^♪

 

ここでちょっと考えて見て下さい。

 

このブログは当初たった4個しか記事を書いていません。

 

仮に記事を10個~15個と増やしていくことで

流入キーワード増えるので当然売り上げは増えていきます。

 

またはブログ数を増やして別の商品を売っていくのもありです。

 

これで商品も増えて売り上げも増えますね。

 

これを繰り返せば雪だるま式に売り上げが増えていきます。

 

 

 

ですが・・・

 

 

実はこれには大きな欠点・落とし穴があるのです・・・

 

 

 

商品特化型ブログの欠点とは

 

商品特化型ブログの基本は

 

「一つのブログで一つの広告」

 

でしたね。

 

そして

 

「コレステ生活」

 

このように「商品名」をメインにしたキーワードにして上位表示を

狙って行くものでした。

 

 

実はここに欠点があるのです。

 

基礎編でもお伝えしたように

 

広告が終了したら売り上げが0になる

その商品のトレンドが過ぎたらアクセスが無くなる

 

と言うことです。

 

例えば以下のような

 

・予算が無くなったから

・アフィリエイトが打ち切りになったから

・商品の生産が終了したから

 

など理由は様々です。

 

このように一つの商品頼みでアフィリエイトをするにはリスクが大きいです。

 

そのリスクを回避するのが「ジャンル型ブログ」です。

 

以前にもお伝えしたようにジャンル型ブログでは、
ジャンルを一つ決めて、そのジャンルに関連するあらゆる商品を扱っていくというものです。

 

それにより一つの広告が扱えなくなったとしても、他の広告が売上を作ってくれるのでリスク回避ができますね。

 

また、書いた記事の一つ一つがブログ全体のパワーを押し上げてくれるので

例えアクセスの集まらない記事があったとしても無駄になる事はありません。

 

・コレステロールサプリ

・コレステロール対策グッズ

・その他コレステロール最安値サイト

 

コレステロール対策サプリだけでもASPに多数商品があります。

 

このように無限に商品を追加していくことができます。

 

様々なリスクを回避するためにも

ジャンル型ブログを作るメリットがあるとお分かりいただけたと思います。

 

早速作っていきたいところですが、その前に覚えておいてほしいことがあります。

 

 

SEOとは

SEOという言葉を聞いた事はありますか?

SEOはSearch Engine Optimizationを略したもので、

検索エンジンの最適化」という意味があります。

 

つまり「検索エンジンで上位表示させるための工夫」と言うことです。

 

検索エンジンにはどのような種類があるのでしょうか。

以下より見てみましょう。

 

・Google

・Yahoo!

・Bing

・goo

 

などがあります。

 

ほかにも様々種類がありますが上記は有名どころです。

 

そして

 

検索エンジンの種類によって上位表示の基準(アルゴリズム)が違うので

「最適化」と言われても何をすればいいのか分かりませんね。

 

では、以下をご覧ください。

 

検索エンジンのシェア率

 

Google・・・67%

Yahoo!・・・27%

その他・・・6%

 

ご覧頂けると分かるかもしれませんが

 

GoogleとYahoo!だけで実に94%以上のシェアを誇っています。

 

ここから最適化を考えた時、

GoogleとYahoo!の最適化を行えば

ほとんどカバーできるということになります。

 

つまり「検索エンジンの最適化」とは、
「GoogleやYahoo!で上位表示させるための工夫」と言い換えることができます。

 

この検索エンジンの最適化を意識しながらブログ作成ができるようにしていきましょう。

 

 

無料ブログと独自ドメインの違い

商品特化型ブログは無料ブログ(はてなブログ)を使って作りましたね。

 

もちろん今でも「稼ぐためのネタキーワード選定」で

キーワードを見つけることができれば無料ブログでも

稼いでる人は何人もいます。

 

無料ブログには削除リスクがある

ですが無料ブログにはリスクと限界があることを知っておきましょう。

 

無料ブログは手軽に簡単にブログを作れるメリットがありますが

 

削除リスク

 

があります。

 

ですので

せっかく作ったのにもしかしたら削除されるかもしれない・・・

という不安から本気で実践できない人が多いです。

 

つまり

 

「絶対に稼ぐ」という覚悟が決められない可能性が高いです。

 

 

独自ドメインで運営した方が有利

上記でもお伝えしたように無料ブログは削除リスクという欠点があります。

 

毎回ブログを書きながら削除される不安を抱えながら運営する方法もありますがリスク回避をしたいと考えるのであれば独自ドメインで運営する方法もあります。

 

同じキーワード、同じ記事のボリュームで
独自ドメインと勝負した場合は、独自ドメインの方が強いです。
※ブログがある程度育った状態の場合

 

独自ドメインを育てるには

新しく独自ドメインでブログを作ってから育つまでにはある程度時間がかかります。

 

まずはGoogleにそのブログの存在を知ってもらう必要があります。

 

無料ブログの場合は常に巡回しているGoogleが比較的に簡単に見つけてもらうことができます。

 

しかし、独自ドメインの場合は

「ブログ書いたので見に来てください」と

こちらからGoogleにアピールする必要があります。

 

初めて存在を知ってもらえてからやっとGoogleのデータベースに記録されるのです。

 

ですがインデックスされたからと言ってすぐに検索結果に表示はされません。

 

何故か・・・

 

なぜならGoogleに信頼されていないからです。

 

これは私たちの日常生活でも同じです。

 

例えば、

あなたが訪問販の営業マンだとして初めて訪れた初対面の方に商品を売ろうとしてもいきなり信頼はされないと思います。

 

何度も足を運んで接触回数を増やすことで信頼関係が生まれますね。

 

 

Googleも同じでこちらからの「接触回数」を増やすことで

定期的に見に来てくれるようになります。

 

定期的に記事を更新したり、以前書いた記事を修正されたりするとGoogleは「おぉ!頑張って更新してるじゃないか」と判断してくれます。

 

そしてどんどん見に来てくれるようになります。

 

つまり

 

接触回数が増える事になりますね (^^♪

 

ここで注意したいのが

 

いくら毎日更新していても

 

「いい加減な記事」

「コピペブログ」

「適当に書いている」

 

など

 

クオリティの低いブログでは検索表示で上位表示されません。

 

適当に書いているというのは

記事タイトルと本文の内容がかけ離れていたり極端に文字数が少ないということです。

 

記事タイトルがかけ離れているというのは

ユーザーが求めている情報が書かれていない」と言うことです。

 

 

また文字数が少なすぎるのも問題です。

 

例えば

「コレステロールサプリランキング」

だったとします。

 

それなのに記事内容は

「コレステロールサプリのサイトをご覧ください」

と書かれていたらどうでしょう・・・

 

ユーザーとしては「だったらそんなの検索なんかしないよ」

となりますね。

 

上記を凝縮してまとめると

 

独自ドメインを育てるには

 

Googleに存在をアピールして知ってもらう

  ↓

定期的に更新、修正して接触回数を増やす

  ↓

ユーザーに有益な情報を書く(いい加減な記事は書かない)となります。

 

 

目指す文字数とは

ブログの勉強を始めると

 

「500文字以上は書きましょう」

「1000文字は最低書きましょう」

「3000文字は書きましょう」

 

など様々な意見を目にします。

 

 

私の経験上

色々なジャンルのブログを見たりしていますが上位表示されているブログは3000文字以上のブログが上位表示されているのも

あれば500文字程度のブログが上位表示されているものもあります。

 

結局のところ

 

この文字数には「何文字書く」と言った具体的な正解はないです。

 

仮に10000文字書いても上位表示されない場合もあります。

 

私の感覚で言うと

上位表示されやすい記事にはある共通点があります。

 

✅記事タイトルに対する答えが書かれている

✅例え話を入れて簡潔に分かりやすくなっている

✅文章の意味が読者に伝わりやすい

 

など

 

ユーザー目線で書かれている記事は上位表示されやすい傾向にあります。

 

ライバルが強敵そうなキーワードでも1ページ目に食い込んだりします。

 

そして目安となる文字数は

 

ライバルサイトの文字数

です。

 

ライバルが1500文字書いていたならばそれ以上は書いた方が有利です。

 

あくまでも目安ですが

これはライバルサイトの文字数を目指して記事を書くというのではなく

 

「ユーザーに有益な情報を書く」

 

ということです。

 

ユーザー目線で記事を書くコツ

記事を書くときには文字数を意識して書く必要はありません。

 

上記でもお伝えしたように理想は記事が出来上がって後から数えたら

「ライバルサイトよりも文字数が多かった」というのがいいですね。

 

そんなの難しいよ・・・

 

と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

 

でもご安心下さい。

 

ユーザー目線で記事を書くコツをお伝えします(^^)

 

コツを覚えられれば理論的で説得力の高い

文章が書けるようになります。

 

気づいたらいつの間にか

1000文字・3000文字と

書けるようになります。

 

分かりやすい文章構成にはパターンがあります。

 

①主張・結論(自分の考えや意見を述べる)

 

 

②理由(そう考える理由)

 

 

③例え・根拠(例題を2~3個ほど)

 

 

④主張・結論2回目(まとめ)

 

 

このような流れは書きやすく、読者さんが読んでも反応が良いです。

 

構成自体がユーザー目線なので相手の頭にもス~っと入りやすく

伝えたいことが伝わりやすいです。

 

実際に見て頂いた方が伝わると思いますので、この構成で短文ですが文章を作ってみたいと思います。

 

では以下より書いてみますね。

参考までにご覧ください。

 

①主張・結論(自分の考え・意見を述べる)

先日の会議で決定したプロジェクトを来月の1日から実行するべきだと思う。

 

②理由(そう考える理由)

以前は会議で決定したプロジェクトを半年後に実行しようとしたら上司達の意見が割れだして中止になったからだ。

 

③例え・根拠(例えを2~3個ほど)

例えば、社員の人事異動

人事異動が発生することでプロジェクトチームの戦力不足に陥る。

仮に人数調整をしたところでキャリアが違う人材では役に立たない。

会議で決まったばかりの熱狂が時間が経つにつれ冷めてしまう。

 

④主張・結論2回目(まとめ)

プロジェクトが決まったからすぐに実行すると言うと周りからは批判・反対意見が出るであろう。

しかし、プロジェクトを立ち上げようと決めたのは他でもない上司の意見から始まったのだから最後まで責任をもって取り組むべきだ。プロジェクトが決まった時の熱狂が覚める前にすぐに取り組むべ気だと私は思う。

 

 

いかがでしょうか?

 

何となく説得力のある文書に仕上がったと思います。

 

主張(言いたいこと)を決めて

 

理由と「例え」を後付けしただけです。

 

数えたら330文字ありました (^^

 

文字数カウント

http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

 

後はこれに少し肉付けしていけば立派な文書の出来上がりです。

 

これを身につければ、見直しも含めて30以内で1000文字以上の記事が書けるようになります。

 

もちろんタイピングの練習も必要ですが

 

「主張」

 ↓

「理由」

 ↓

「例え」

 ↓

「主張2回目」

 

このパターンに当てはめていくと大幅に外すことはありません。

 

ドメインを取得しよう

独自ドメインでブログを運営するためには、

 

・ドメイン

 

が必要になってきます。

 

今回は

 

はてなブログから

 

独自ドメインを取得する方法をお伝えします。

 

 

はてなブログの独自ドメインの設定のやり方

 

※はてなブログPro(有料版)にしないと、独自ドメインの設定はできません。

 

今回の独自ドメインの取得先は

 

「お名前.COM」から取得していきます↓↓

 

お名前.com

 

 

クリックすると以下のような画面になります。

 

 

まずは取得したい名前を打ち込みます。

 

テスト用で例えば

 

takeyan19.com

 

というドメインを取得したければ

 

打ち込んで見て誰にも使用されていなければ取得可能になります。

※すでに使用されているドメインだとメールマーク✉

がついていてクリック出来なくなっています。

 

 

.com

.net

.jp

 

などお好みや金額を検討して選ばれると良いかもしれません。

 

あなたが今後使用したいドメインが決まったら「お申込みへ進む」をクリックします。

 

 

画面が変わり

初めての方はメールアドレス

パスワードを打ち込みします。

 

転送オプションは特に何もつけなくても大丈夫です。

Whois情報公開代行

は元からついているのでこのままです。

.com1年登録を押すと10登録まで表示されますがブログをとりあえず何年やりたいかで年数は決めましょう。

 

私は当初「1年登録」から始めましたよ (^^

 

 

 

今回、取得したドメインの金額は「1円

 

で購入しましたが、1年後は「1000円くらいの」(ドメインによる)

費用がかかりますのでご注意下さい。

年間で1000いくらなので月換算で100円ちょいかかる物だと思って下さい。

 

.com  .jp  .net

 

などドメインによって更新費用が変わってきますのでこちらもご注意下さい。

 

更新費用を調べたいときはGoogle検索で

 

お名前.com 更新費用一覧」で検索するとでてきます。

 

例えば、

今回テスト用で「.com」を取得した際は

毎年更新されるにつれて値段が上がっていきます。

他のドメインも同じく値段が上がっていきますので目先だけで安いからと言って考えずよく吟味された方が良いです。

 

ちなみに私は現在も使っていますが「.work」を

当初、目先の事しか考えず取得しましたがちょっと後悔しています (^^; (笑)

 

ドメインが決まったら右上の

「次へ」をクリックします。

 

私はすでに登録してあるので

「登録済みのクレジットカード」

の表示がされていますが

 

初めての方は新しく、クレッジトカードの

登録を済ませる作業があります。

 

 

クレジットカード情報の入力が終わったら

「申し込み」をクリック。

 

以下のような表示が出るかもしれませんが

はてなブログは「サーバーは不要」なので

「申し込まない」を押します。

 

 

ログイン画面に切り替わるので

ログインしていきます。

 

 

画面が変わり

「DNS」を左クリックして

「更新画面から移動する」をクリックする

 

 

DNS

「ドメインのDNS関連機能設定」

にチェックを入れて下にある

「次へ」をクリックします。

 

 

登録したドメインが出て来るので

チェックを入れて

「次へ」をクリックします。

 

 

画面下まで進めると

「DNSレコード設定を利用する」があるので

「変更する」を押します

表示されている

TYPE A

TTL  3600 そのまま

VALUE 13 - 115 - 18 - 61 

を入力して

 

状態 有効

 

追加をクリックします

 

 

 

もう一個作っていきます。

TYPE A

TTL  3600 そのまま

VALUE 13 - 230 - 115 - 161 

を入力して

 

状態 有効

 

追加をクリックします

 

 

追加した2つが以下のように並びます

 

画面を下へ流していき

チェックはそのままで

「確認画面へ進む」をおします

 

 

以下の画面になれば「お名前.com」の作業は終了です。

 

 

 

はてなブログの画面にいき

「設定」をクリックします

 

 

「設定」⇒「詳細設定」をクリックします

 

 

ドメイン設定の所に

ご自分のドメインを入力します。

入力したら画面の一番下まで進み・・・

 

 

「変更する」を押します。

 

 

ドメインの設定状況「有効」に

変わっていればドメイン設定が終了になります。

 

確認作業:ご自分のドメインをコピーして独自ドメインでサイトがきちんと開けるか最後に確認をしましょう。

 

 

Googleサーチコンソールに登録する

今後本格的にブログで稼いでいくために、Googleアカウントを立ち上げることをお薦めします。

 

なぜか?・・・

 

それは

 

Googleが運営している無料ツール「Googleサーチコンソール」を活用することで今後の売上を飛躍的させる意味でも登録しておいて損は決してありません。

 

ブログを長く運営すればするほどあなたが書いたブログ記事のデータが貯まっていき自分では想像もしていなかった「稼げるキーワード」を探すこともできます。

 

さらにブログを早くインデックスして貰う為にもリクエストを行うこともできます。

 

しっかりとしたデータを元に再現性の高い方法を実践していくことでより質の高いSEO対策になると言うことです。

 

 

以下よりサーチコンソールの登録方法をお伝えします。

 

サーチコンソールの登録方法

 

サーチコンソールに登録するにはGoogleのアカウントが必要になります。

Gmailを使用されている方はすでにアカウントは持っていることになりますので取得の必要はありません。

 

まだGoogleアカウントをお持ちでない方は下記より取得しておきましょう。

 

Googleアカウント取得はコチラから↓↓

https://accounts.google.com/signup/v2/webcreateaccount?flowName=GlifWebSignIn&flowEntry=SignUp

 

 

また、サーチコンソールは複数のブログを登録することができます。

Googleアカウントを取得したら下記にアクセスしてログインしてください。

 

Googleサーチコンソール↓↓

https://search.google.com/search-console?hl=ja

 

 

サーチコンソールにログインします。

 

 

 

URLを入力します。

プロパティタイプの選択は右側の「URLプレフィックス」に入力。

 

 

自分のはてなブログのダッシュボードに戻ってURLにカーソルを合わせて右クリックしてコピー。

 

 

コピーしたURLを貼り付けます。

URLの最後 〇〇.jp「 / 」 ←スラッシュは消してからEnterキーを押します。

 

 

 

画面が変わり下へ移動していくと

「HTMLタグ」の表示が出るのでコチラをクリックします。

 

 

 

クリックするとmetaタグが表示されるのでコピーします。

 

 

 

コピーをしたらメモ帳などに貼り付けて 

 

”~~~” 

の部分をコピーします。

 

はてなブログのダッシュボードに戻って

詳細設定をクリックします。

 

 

詳細設定画面の下の方まで進み

Googlesearchconsoleの箇所へコピーしたメタタグを貼り付けます。

 

 

さらに一番下まで画面を進めて

「変更する」をクリックします。

 

 

 

もう一度サーチコンソールの画面に戻って

「完了」を押します。

 

 

 

完了を押すと「所有権を自動確認しました」

と表示されます。

 

 

続いてサーチコンソールの「プロパティ」をクリックします。

 

 

現在登録しようとしているURLをクリックします。

「サイトマップ」をクリックします。

 

 

「 sitemap.xml 」を入力して送信をクリックします。

 

 

送信を押して登録完了です。

以上で作業終了です^^

 

 

 

サーチコンソールに登録してからすぐにはデータは貯まりませんが2カ月ほどするとデータが貯まり「稼げるネタが」見つかるかもしれません。

 

Googleにブログを見つけてもらう方法

サーチコンソールに登録しておくことでGoogleにブログを見つけてもらう方法です。

 

通常Googleは1回ブログの存在を知ってくれると定期的に見に来てくれるようになります。

 

ですが・・・

 

作ったばかりのサイトの場合はその頻度が遅いです。

 

ですのでせっかく記事を書いても初めのうちはなかなか見に来てくれません。

 

・ブログの運営期間

・ブログの記事数

・ブログの文字数

 

などこれらは検索結果に明らかに影響しています。

 

「じゃあ新しく開設したばかりのブログが不利じゃん!!」

と思うかもしれませんね^^

 

実はそんなことなく

 

サーチコンソールの

「URL検査」という機能を使うことで自分のブログを見に来てもらうたものアピールができます。

 

では

 

使い方を説明しますね!

 

 

URL検査をクリックして

検索窓にGoogleに見に来てもらいたいURLを入力してキーボードのエンターキーを押します。

 

※随時新しい記事を書いた際は、URLを入力するようにしましょう。

 

 

 

 

しばらく待ちましょう。

 

 

右下にある

「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

 

 

以下のような画面になるのでしばらく待ちます。

 

 

以下の画面が表示されたらリクエスト終了です。OKを押します。

 

 

これで早ければ1時間以内に見に来てくれます。

すでにインデックスされている記事はこのように表示されます。

 

 

 

検索キーワードの見方

サーチコンソールはインデックスを早めるためにも使えますが、なんといってもキーワードの分析ができるとい点が一番の魅力です。

 

 

サーチコンソールで得られるデータを分析して活用することで

 

記事のアイデア

記事のテコ入れ

が可能になります。

 

では以下より見ていきましょう。

 

「検索パフォーマンス」をクリックします。

 

 

デフォルト設定では上のような表示がされます。

 

・合計クリック数
・合計表示回数

 

がグラフに表示されています。

 

平均CTRと平均掲載順位も確認したいので赤枠をクリックします。

 

 

 

するとこのようにグラフが追加されます。

 

 

そのまま下にスクロールしましょう。

 

 

 

するとこのように、検索キーワードごとにクリック数や表示回数、CTR、掲載順位が表示されます。

 

 

①クリック数

 

検索結果からブログがクリック(アクセス)された回数です。

 

 

②表示回数

 

検索結果に表示された回数です。

 

 

③CTR

 

何回表示されて何回クリックされたのかという割合、
クリック率の事です。

 

 

 

④掲載順位

 

検索された順位を知る事ができます。

 

検索期間の変更

下の「日付:過去3か月間」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

すると上記のように期間ごとに選択できます。
カスタムから特定の日付を選択することも可能です。

 

「適用」をクリックするとその指定した期間のデータを確認できます。

 

 

【キーワードの活用方法】

 

例えば表示回数が多いのにクリック数が少ないものに関しては、タイトルを変更するなど対応が考えられます。

 

※ここで注意したいのは

タイトルを変える際はキーワードは必ず残すようにしてください。

 

例えば私のブログで言うと

 

足が臭くない人は?

 

 

お悩み解決!!足が臭くない人が実践している方法を公開

 

足が臭くない人の特徴は?臭いを軽減させる生活習慣とは

 

 

上記のように記事を書いてサーチコンソールに登録した後からでも変更してもキーワードを残しておけば順位が大幅に下がる事はありません。

 

※ただしGoogleの気分次第で下がる場合もありますので、売上の重要な部分を担っていると予想できる場合はあえてタイトル変更はしない方が無難です。

 

 

また掲載順位が1ページ目に入っている時と2ページ目に掲載されている時ではクリック率が大きく変わってきます。

 

例えば

 

掲載順位が11位であと少しで1ページ目に入るぞっ!!という時は

 

 

文字数の追加や記事タイトルに書いてあるキーワードを文章中に散りばめてキーワード数を増やす工夫をするという対策で1ページ目に食い込むことができるようにもなります。

 

 

また、1つの商品で成功したら、

 

同じキーワードを使って別の商品名で記事作成をしてアクセス数を増やすことで成約率が上がりやすくなります。

 

あっ!

 

同じキーワードで新しく記事を書いて展開する際は

 

「 コピペ 

 

は絶対にNGですのでご注意を!

 

自分の記事であったとしても必ず1から文章を書くようにしましょう。

 

 

 

 

 

以上で

 

「月3万円突破プログラム」の応用編が終了になります。

 

 

今までお伝えしてきたノウハウを活かして

ぜひ「月3万円」を突破できるようにブログアフィリエイトをしてみましょう。

 

管理人 タケやん